男女

在庫管理を行なって美容商品の流れをスムーズ化|売上UPにつなげる

人事管理の流れ

婦人

企業の大小を問わず、ビジネスを発展させるためには人材が欠かせません。 しかし人材を採用して職場に配置することから、毎月の給与計算や年末調整などの事務処理及び査定や勤怠管理まで、人事管理のフィールドは広範です。

もっと読む

ノンストップ精算

ウーマン

交通費精算システムは経費精算業界の中でも進化していて、ノンストップで人の手を借りずに精算することが出来るようになっています。リアルタイムに交通費を計算できるため無駄な人員を削減することもできます。

もっと読む

よくある落とし穴

オフィス

美容系のお店を経営している場合、利用者は大抵メイクやヘアーカットなどを求めて訪れますので、その売上は美容師の技術などによるものとなるでしょう。そのため、よく使うパーマネント用の薬品やヘアートリートメントは在庫として残ることは少ないですが、利用客が購入するためのヘアスプレーやトリートメント液は長い間在庫としてストックされることも多いです。美容関係の商品は消費期限が短いわけでもないので、あまり棚卸しや在庫管理を気にすることもないかと思いますが、在庫管理はこういった美容関係のものでもしっかりした方がいいのです。これは何故かというと、無駄な在庫をなくすためと、デッドストックに早く気づくためです。

いつか売れると考えてずっと10万円相当の商品を残し続けていても、会計の視点からみると10万円が動いていないということになります。これでは損が大きいので、換金できるものはしてその分の借入金を解消した方がいいのです。数年動いていない在庫は、しかも返品は大抵きかないものが多いので、そのままデッドストックになってしまいます。そうなると売上をあげることもできません。それに気づかずに同じ商品を仕入れてしまうこともあり得るので、それを防ぐためにも美容関係の商品は在庫管理しやすいようにしておきましょう。美容に強いシステムを導入すれば、こういったデッドストックが生まれる前に対策を打つこともできますし、より売れる商品に焦点を当てられます。

残業のカット

男女

勤怠管理システムは、導入する際に費用が発生することもあります。費用はシステム提供元によって異なるので、事前に説明を聞くことが大切です。システム導入で残業がどの程度あるのか把握することができます。

もっと読む